マーテル・コルドンブルーのレビュー

4
コニャック

本日はラム酒ではなくちょっと浮気してコニャックのお話を。

コニャックと言えばブランデーの一種で、フランスのコニャック周辺で作られるブランデーがコニャックと呼ばれます。今回紹介するマーテルの他には、レミー・マルタン、カミュ、ヘネシー等が主な銘柄です。

ラム酒の中にはコニャックフィニッシュと呼ばれるコニャックを作った後の樽で香り付けする製法があり、ラム酒とも繋がりがあったりします。

私がラム酒にハマったきっかけはこのコニャックが始まりだったりするのですが、今回はおすすめのマーテルコルドンブルーについてご紹介します。

マーテルコルドンブルーの味・香り・価格

コニャックは高級ブランデーとして有名で数十万円を超える物も珍しくないですが、マーテルコルドンブルーは一本12,000円前後で購入できます。ラム酒に比べるとやっぱり高いですが味と香りは最高です。

箱を空けるとこのように銀色の紙が巻いてあります。

色はこのように結構濃い目です。

甘さはラムとはまた違ってスッキリしていて、飲んでいると段々と甘さを強く感じてきます。香りはブランデーのあの良い香りが広がって、最後は少しスパイシーな風味が。

甘いラム酒が好きな方は間違いなく気に入ると思います。

私がラム酒やバーボンといった洋酒を飲みだしたきっかけがこのマーテルコルドンブルーで、自家でホコリにまみれて眠っていたのを発見し試しに飲んでみたのが始まりでした。

慣れないアルコール度数の高さに最初は舌が痺れましたが、それに慣れてくるとこの味の良さがわかった気がします。

しかし、当時は中国でブランデーブームが起きていたそうでこのマーテルコルドンブルーは品薄状態。しかも、今よりも高く一本15,000円前後しました。

こんな高いお酒の味なんて知らなければ良かったと当時は思いましたがその後、普段飲みも出来る位のお酒はないかと探し、バーボンやラム酒に走ったという思い出があります。

ちょっと高いんですけど、本当に良いお酒なので気になる方は試してみてください。

詳細
マーテル・コルドンブルー

マーテル・コルドンブルー

4

コメント

タイトルとURLをコピーしました