やっぱり美味しかった「ディプロマティコ・シングルビンテージ」のラム酒レビュー

ディプロマティコ・シングルビンテージ 2000

本日は「ディプロマティコ・シングルビンテージ」というラム酒をご紹介したいと思います。

暫く前に飲んでレビューしていなかったのを思い出し写真を引っ張り出してきました。

ディプロマティコ・シングルビンテージはバーボン樽とシングルモルトを熟成させた樽で12年間熟成させその後、シェリー樽で更に1年間熟成させたビンテージ物のラム酒となります。

色は濃い褐色のダークラムでベネズエラ産となっております。

このラム酒はディプロマティコの上位ランクのお酒となっていて、ディプロマティコ・リゼルヴァ・イクスクルーシヴァを更に上質にしたようなラム酒です。

1本9,000円~10,000円前後もしますが、口当たりはまろやかで香りもよく甘さが強いのが特徴的で非常に美味しいです。

甘~いダークラムをお探しの方にはピッタリかと思います。

また、この写真は2000年の物ですがこの記事を書いている2017年現在は2001年物と2002年物が発売されています。

どちらも上質な事に間違いは無いと思いますが、飲み比べて見ると微妙に味が違っていたりして面白いかもしれません。

二種類買うとなると値段も張ってしまいますが、そのうち売り切れてしまうかもしれないので気になっている方はお早めに…

以上、ディプロマティコ・シングルビンテージのレビューでした。

シングルビンテージ2002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。