ハバナクラブ7年はコスパ最強のおすすめのラム酒

ラム酒、ハバナクラブ7年はコスパが優れているオススメのラム酒です。

ラム酒って熟成の年数が上がるに連れてより飲みやすく美味しく感じる物なのですが、その分お値段も張るので普段用とかだとやっぱりある程度は抑えたい所。

だからと言って、マズイと思えるラム酒を飲んでいても仕方ないので味も重視したいですよね。

そんな中でコストパフォーマンスが優れているラム酒ってどれかと聞かれたら、ハバナクラブ7年がオススメじゃないかなと思うんです。

750mlのボトルで2,000円前後で買えちゃいます。

ハバナクラブ7年は甘さ、口に含んだ後に抜けるスパイシーな香りどれも丁度良く、非常に飲みやすい安定のラム酒です。

ハバナクラブは3年、7年、15年と飲みましたが、3年は荒っぽい雑味が凄くて口に合わず、15年はビックリするぐらいの透き通った味がして旨いですけどお高いです。

他にも候補があって、より安い「バカルディブラック」か、「パンペロアニバサリオ」で迷ったんですけどトータル的な味のバランスはやっぱりハバナクラブ7年が優れているように思います。

※ ラム酒が初めてという人にハバナクラブ7年とパンペロアニバサリオを味見させたら、ハバナクラブ7年と即答していました。

ハバナクラブ7年はキューバで製造されているラム酒で、スペイン系のラム酒みたいです。

後で詳しく調べようと思っていますが、ラム酒はスペイン系、フランス系、イギリス系等があって結構味と風味が変わってきます。

昔の植民地時代に伝わったラム酒の作り方が国によって違うからですかね。

管理人はスペイン系のラム酒が好きで、スペイン系は全体的に甘くて飲みやすい銘柄のラム酒が多い気がします。

ハバナクラブ7年はBARでも大体は置いてあるので気軽に飲みやすいラム酒です。ただ、自宅で飲む事を考えるとこちらもやはり通販で買うしかないのが現状かもしれません。

値段も手頃でとても美味しいラム酒なので買っても損はありません。

以上、ハバナクラブ7年のレビューでした。

1 thought on “ハバナクラブ7年はコスパ最強のおすすめのラム酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。